こばやしひろと.comは、建設業者支援のため、建設業許可・経営事項審査・入札参加登録・などの情報を発信しています。

公共工事受注コンサルティング

公共工事受注コンサルティング

経審や入札参加登録を扱っている行政書士さんは結構いますが、それをより発展させた形で取り組んでいる方は意外と少ないようです。当事務所では10年以上、先代から数えて40年以上にわたり、経審と入札参加登録のお手伝いをしてきました。その間、お客様から教わることも多く、貴重な経験とノウハウを蓄積してこれたことは、かけがえのない財産だと感じています。この度、それらを体系化して、サービスメニューとしてきちんとご提案できる形にまとめました。

以下のような建設業者さんがいらしたら、お力になれるかもしれません。

  • 公共工事に参入したいけど、なにからやって良いかわからない。
  • 経審や入札参加登録の手続きが煩雑で、面倒くさい。
  • 経審の点数アップをしたいと考えている。
  • 経審の予測について、タイムリーに把握できるようしたい。
  • 入札しても、思うように落札できていない。
  • 人手不足で、営業に人と時間を割くのが難しい。
  • 自社に官庁営業の部署がないので、どうしても属人的になってしまっている。
  • 電子入札の環境整備(パソコンの設定等)に不安がある
  • 経営や営業戦略について相談する相手がいない。

入札参加登録は、“逆算”で考える!

経審は決算を終えたら毎年受ける必要があります。通常、決算から経審・入札参加登録の流れは、決算→税務申告→建設業許可の決算(事業年度終了報告)届→経審→入札参加登録という流れです。しかし、当事務所では、“いかに落札しやすいように戦略的に取り組むか”を常に念頭に置いて、経審と入札参加登録のお手伝いをしています。

その時に大事なのが、逆算して考えることです。前述した流れを遡って行く形で、貴社と一緒に戦略を考えます。

1. どの役所の、どの業種の、どういう工事を取りたいか、を決める

「最初から満遍なくどこの役所も」というのは、二兎を追うもの一兎も得ずになってしまいがちです。公共工事に初めて参入する方は、選択と集中が必要です。お客様のご希望を伺った上で、希望している役所の入札参加登録の仕組みがどうなっているのか、発注状況はどうかを小林がリサーチして、貴社と一緒に戦略を考えていきます
 allow.png

2. 経審をどうやって受けるかが変わってくる

上記1で考えた戦略に即して、経審を受けます。経審に必要な書類は準備していただく必要がありますが、基本的には当事務所に丸投げしていただければOKです!当然ながら違法なことはできませんが、制度を駆使して、貴社に少しでも有利になるよう、小林が申請内容を組み立てていきます。
 allow.png

3. 決算(事業年度終了報告)届を精査します

経審において重要な位置付けとなってくるのが、決算(事業年度終了報告)届です。財務諸表もそうですし、工事経歴書の記載についても、ただ転記をするだけではありません。そこには建設業法上の違反がないか、違反を疑われるような誤解を招く記載がないかといったことを、きちんと精査した上で、作成・提出します。
 allow.png

4. 決算を締める前から、経審点をタイムリーに把握

従来の行政書士業務としての経審申請・入札参加登録は、決算を締めて、税務申告を終えてからがスタートでした。その結果、決算書ができてから動くため、「点数が思ったより上がらなかった」とか「あぁ格付けのランクが落ちちゃった」という、お客様をたくさん見てきました。しかし、小林は、月次でタイムリーに経審の点数を把握するノウハウをご提供することができます。

例えば、上半期の試算表が出た段階で、残りの半年が昨年と同様だったら売上や利益がどれくらいになり、結果として経審の点数が何点くらいになるのか、格付けがどうなるのか。上方修正するにはどれくらいの売上と利益が必要か。といったことはもちろん、そのためのPDCAについてまで、貴社と一緒になって考えます。場合によっては、また上記1に戻って戦略を再構築します。

貴社の経審が適切なのか、診断を行なっています

長文にもかかわらず、最後までお読みいただき、ありがとうございます。お読みいただいて、

  • 今のままの経審の受け方で良いのか?
  • うちの経審をもっと活かせる役所はないか?
  • 行政書士さんに頼んでいるけど、セカンドオピニオンが欲しい

と思われた方は、経審診断(税込54,000円)を行なっておりますので、お問い合わせフォームからお問い合わせいただければ幸いです。

お問い合せ

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional